忍者ブログ
足にトラブルを持つ方のためのドイツ国家資格整形靴職人の店
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




久しぶりに読書をしました。もう絶望しかない鬼畜の家。小さなアパートに子供を置き去りにして餓死させた人ってどんな人なんだろうと思って読んでみました。著者はこの夫婦はクワガタを飼うのに飽きてしまった子供と同じと表現していましたが、ちょっと違うと思うな~。クワガタはしゃべらないし、泣かないし、外に逃がしても生きていけそうですし。

ただ人間というのは「自分が育てられたように子育てしまう」ものなのかもしれないですね。反面教師って子供には理解できないんだと思います。

今流行りのグリットはどこかで読んだような内容でした。

PR
青森県八戸市根城西ノ沢のアパート一室が焼け、3遺体が見つかった火事で、遺体は同室に住む母子であることが10日、県警八戸署の調べで分かった。遺体には刃物で切られた傷があり、県警は殺人事件として捜査本部を設置。同日早朝、所在不明だった無職の長男(18)を発見、ナイフを所持していたため、銃刀法違反の現行犯で逮捕した。長男は3人の殺害について「自分がやった」などと関与を認めているという。時事通信より。

こういう記事を新聞で読むたびにこの少年はどういう家庭環境でどのように教育されて育ったのだろうか?と多くの子育て中の母親たちは考えてしまうのではないでしょうか?そして少年の家庭がごく一般的であればあるほど疑問は深まります。

最近読んだ本で「あなたの子どもを加害者にしないために」という本があります。これは神戸で起こった忌まわしい事件、少年Aの家庭環境や親とのやりとりを分析した本です。著者は精神科医でもなく心理学者でもないのでとても分かりやすく書いてあります。子供の存在と心を軽視し親の理想を押し付けた結果どういうことになるか?統合失調症を作り出す母親についてなど子どもを育てる上でとても参考になる本でした。

でも少年Aの母親のしつけというのは尋常ではないです。生後一ヶ月でトイレでうんちさせるなんて。まだ首も据わらず頭はぐらんぐらんだろうしどうやって便器にすわらせたのだそうか?と想像してしまいました。

人を育てる上で大切なのは「見守るが干渉しないこと。」だそうです。この本に書かれていました。




朝の9時に実家の母親から電話がありました。

「お兄ちゃんが誰かの保証人になっちゃってもう大変なのよ~。取り合えず500万振り込んでくれって言うのよ。家まで取りに来いって言ったんだけど死にそうなくらい身体の具合が悪くて動けないって言うのよ~。ちょっとあなた家まで来てちょうだいっ!」

もう泣きそうな声で話す母親の声を聞きながら「...それオレオレ詐欺じゃないの?本当にお兄ちゃんの声だった?とにかくお兄ちゃんの職場に今すぐ電話をしてみて。私はすぐにそっちに行くから。」とダッシュで実家に向かうと案の定、兄は職場で何も知らずに働いており「保証人になんてなる訳ないだろっ。忙しいからまた後で電話するよ。」と一方的に切られてしまったらしく、安心した両親は放心状態でビールを飲んでいました。笑

まさかオレオレ詐欺の電話が掛かって来るなんて、しかもそれを両親が信じてしまうなんて!朝の6時頃から何回か電話があったそうで9時を過ぎてからはかかって来ませんでした。朝イチで振込みがなければ本人と連絡がついちゃうもんねぇ。詐欺師も時間との勝負なのね。警察には一応連絡しておきましたが、手を変え品を変えいろいろと今後もあると思うので注意してください。とのことでした。

本人を確認する手段は色々とありますよね。「同じ歳のいとこの名前とかペットの名前とか」声が怪しいと思ったら質問すると思うなぁ。まぁパニックを起こしてしまうと頭が回らないのかしら。その話を同じ保育園のママ達に話すとあるわ。あるわ。みんなご実家に変な電話かかってきてるらしいです。特に医療関係者のリストが出回っているらしく「医療ミスを起こしちゃったから、調剤ミスをしちゃったから」という理由で示談金を振り込めというのもあるらしく悪質です。皆さんも注意してください。親御さんと離れて暮らしている方はどうぞ頻繁に連絡を取って予防してくださいね。ちょくちょく声を聞いてれば気付く確立も高くなると思います。
花
最近ドラマの撮影などでよく使われている近所の公園の花壇です。数年前に石原都知事が就任してからこの花壇の脇に「第二次世界大戦で多くの民間人が米軍によって殺害された場所」と東京大空襲の事が英語で説明されたボードがたっています。公園内の博物館には空襲後の焼け野原や黒こげになった人々の写真があったりしてあんまり小さい子には衝撃的かもしれませんが夏休みの一日遠足にいかがでしょうか?

ユーロ上がり過ぎてます...そのせいかどうかわかりませんが日本メーカーからの営業の方増えています。しかも「このままのユーロ高だと10年以内に輸入代理店の中で倒産するところも出てくるでしょうね~。」と言っていた方がいました。
おそらく各社10月を境に値上げすると思います。代理店の方としてもこのままだと売れれば売れるほど赤字という最悪のパターンに陥ってしまいます。

でも日本製の靴は申し訳ないけれどちょっと...もちろん良い物もあるとは思うのですが...革の光り具合とか履き心地とか。まぁお客様の判断だと思います。

例えばベルギー製やフランス製の高級チョコレート売れてますよね。一粒500円~1000円してもそのプラリネの味の濃さというか風味が一度食べると忘れられなくて。でも日本製のチョコで同じような物はないんです。ドイツのスーパーで100円位で売っているチョコと日本の板チョコではまるで同じ種類の食べ物とは思えないぐらい味の濃さが違うんです。少しぐらい値段が上がってもやっぱり好きなものを今の日本の消費者は選ぶでしょうね。
ゴールデンウィークですっ。ショップはいつも通り日曜日以外営業いたします。出来ればいらっしゃる前に「これから行きまーす。」とご連絡をいただければ幸いです。よろしくお願いします。
43年ぶりに子供の学力テストが行われたそうです。ある有名私立の教授がテレビの取材で「こういう事は子供間の競争につながるし地域差を招くので良くないと思う。」とコメントしていました。その人がそういう事をコメントをすることにとても違和感を感じてしまいました。その方は幼稚園から大学まで付属の私学へ勤めているのです。その学校へ入るには競争が当たり前です。私立は競争し、公立には必要ないということなのでしょうか。

私が住んでいる地域では小学校で受験し約半分の子が私立中学へ行くそうです。私の時代にはお勉強が出来る子が私立中学へ進学したものですが現在ではそれにかかわらず勉強は出来ないが女子中へ行きたいから。など理由はさまざまだそうです。

だったらいっそのこと全てを私学にしてしまったらどうでしょうか。国から利用権をもらい自分の行きたい学校へ進学するのがよろしいのではないでしょうか。そうすれば女子のみの学校もあり、養護学校とは別の多動やADHDの子の為のプログラムを持つ学校もあり、不登校児の為の学校もありと色々な個性を持った学校が出来るのではないでしょうか。予備校の教師を集めたスパルタ勉学校を選べば塾へ行く必要もありません。ある程度の規則のもとに民営化するということです。

ご近所に工場が出来てそこへ外国人労働者の方の寮が出来たそうです。その為にその学区は外国人の子供が多くなり、日本語になじみのない子供達のために授業の進み具合が遅れがちになったそうです。するとその小学校への入学希望者が激減したそうです。その子供達の母国語はほとんどが英語です。だったら国語以外の教科は全て英語で授業します。と決めたらきっと入学希望者は殺到しますよ。

子供間の競争は良くないと言いますがこういった制度が導入されれば競争するのは教師や学校を運営する大人達です。人気がなければ倒産ですから気合も入るのではないでしょうか。でもそうすると今まであった私学の入学希望者は減るかもしれないですね。ほとんどの国で規制緩和とバウチャー制は同時に導入されるものらしいのでとても自然なことだと思うんですが、それに係わる公立の先生方は大反対ですよねぇ。だって大変だもの。笑

あるメディアに「日本屈指の靴職人」と紹介されていた方がいらっしゃいました。
そこに載っていた靴の数々は靴というより「作品」といった感じの素敵なものでした。
革からこんな細かい細工ができるのかぁ。と驚いてしまいました。

シューテクニックのお客さまにも既成靴では到底足を入れることも出来ない位の足のトラブルを持った方がいらっしゃいます。するとオーダーシューズしか対応できないのですが、まずその出来栄えが美しいとかかわいいなどどいうことはありません。私は常々思っていました。変形があり、靴の形が歪んでしまうのならその部分を目立たせないような飾りや刺繍をつける事は出来ないのかしら。
パッチワーク風にしてみたり、もっとポップな感じでのデザインは出来ないのかしら。と。

そのメディアで拝見した靴を見るとまさに神業。ぜひアッパーのデザインをお願いできないかとすぐにその職人さんに連絡を取りました。色々と検討していただいた結果「とても興味はあるのですが今回はお断りさせてください。」とお返事をいただきました。

しかし、古くから靴業界にいらしたメーカーの方に問い合わせたところ、ある靴職人さんの息子さんで最近独立しファッションシューズの製甲屋さんを経営している方をご紹介いただきました。こちらの無理な要望を聞き入れてくださるかどうか分かりませんがぜひ今度お会いしてご相談したいと思います。シューテクニックの職人に私が想像するオーダーシューズについて話をすると「う~ん。ハンガリーの整形靴って結構かっこいいんだよね。ちょっと調べておくよ。」と言ってました。でも出来れば国内で作ったほうが価格も抑えられるしいいんだけどなぁ。

最近わたしは自然石ジュエリーにはまってます。

きっかけはドイツのクリスマスマーケットでポーランドから出展していたショップで琥珀を購入したのが始まりです。大きくてゴロゴロしているペンダントトップでも5000円位でした。

日本ではここでよく完成品を購入してます。http://www.dueljapan.com/index.php
しかし製作する技術のある方はこちらの方がとっても安価です。
http://www.phoenix-c.or.jp/earthly/shop1.html

わたしには技術も時間もないのでオリジナルは作れないのですが自分で作れたら素敵ですね~。ちなみに石の持つパワーはまったく信じてません。笑 あくまでデザイン重視です。
杉並区ではスーパーの袋を全て有料にするらしいですねぇ。
経営者の方がテレビで「売上が落ちるのは覚悟しています。」
とおっしゃっていました。

確かにドイツでは基本的に袋は有料です。一枚数十円だったと記憶してますが日本のビニール袋よりもうちょっとしっかりしたとっての付いたものが一般的です。ただ日本人は暖かい食材と冷たい食材など分けて入れたりする几帳面さがあるので有料化は上手くいくのでしょうか。
ちなみドイツでは紙製の卵のパックも使い回ししてます。

最近日本でも布や塩化ビニール製の買い物袋を配ってますがこれを使っている人を見たことがない。笑
私も銀行でもらいましたがまだ一回も使ってません。
アパレルなんかがもうちょっと素敵で使いやすい(卵パック入れ付きとか)ものを売り出すと違うかもしれませんね。

ドイツのスーパーの前には洋服用、靴用などリサイクルボックスが置いてあって不要になったものを入れられるようになっています。
自治体によって中身はバザーに出したり、アフリカに送ったりしているようです。もし日本でこれをやったら沢山の服が集まるでしょうね。流行が激しい日本ではまだ着れる洋服でもまったく出番なしということもありますから。シューテクニックでも「不要になった靴を集めています。」なんて言ったらそれはもう沢山の痛い靴が集まるんだろうなぁ。笑

実際、靴を買えない子供がいる国もあるわけだし、そういう子にリサイクル品を送る運動をしてもいいですよね。
文部科学省と厚生労働省は、来年度から全国すべての公立小学校で、放課後も児童を預かることを決めた。

 スタッフは教員OBや地域住民で、勉強やスポーツのプログラムを用意して、児童が放課後を学校で過ごす環境を整えるほか、共働き家庭の子ども向けには、さらに時間を延長する。

 子どもが安心して遊べる居場所づくりや、子育ての負担軽減による少子化対策につなげるのが目的で、2007年以降、大量退職する教員に活動の場を提供する狙いもある。両省では、来年度の総事業費として約1000億円を見込んでいる。

いいわいいわぁ。わたしが小さい頃は自転車の乗り方もスケボーもローラースケートも全て近所のお兄ちゃん、お姉ちゃんに空き地で教えてもらったし、どこの家にも子供がいましたもん。夕方親が探しに来るまではずーっと遊んでたし、そのまま近所のおうちにお邪魔して夕食をごちそうになりお風呂まで一緒に入っていました。

現在では空き地全てにマンションが建ち公園では球技は禁止!
これでは子供はいったいどこで遊べばいいのぉ?という感じです。

放課後に子供が犠牲になる事件も増え、悪さをする人間を排除出来ない限りこういった方法でしか子供を守れない。「家でずーっと遊んでなさい。」というのもかわいそうだし。

まぁ。問題は小学校高学年になった時に子供達が飽きないプログラムが必要なのではないかしら。教員OBだけでなく企業や大学生からもボランティアを受け入れたりして楽しく有意義な放課後を演出してくれると楽しくなりそう。その為なら別途学費がかかっても仕方ないわ。笑
シューテクニックでは月に一度税理士さんに来ていただいています。女性と男性の2人の方にお願いしているのですが、経営指導もしていただいています。経理というのはとっても複雑でオーダーインソール販売と靴の修理代金では収める税金が違うそうです。ということでオープンしてからの作業全部を色分けして次回税理士さんにお渡ししなければなりません。あーエクセルがある時代で良かった。でもとっても親切でなんでも相談できる方に出会えてラッキーでした。

この税理士さんを紹介してくれたお友達の子供(双子)がCMに出演しているのを発見!(キムタクと渡哲也氏のコーヒーのCM)3歳児にして仕事してる(笑)とっても親孝行な双子だわ。
本日、なんとブエノスアイレスからのお客様ご来店♪

今までもフランスやオーストリア人の方はいらっしゃったが、まあなんと地球の裏側に住んでいらっしゃる方ですよ。

仕事そっちのけで色々と質問してしまいました。
「住所書いておくから、旅行の時は遊びにいらっしゃい」と言ってくださって、現地の電話番号まで書いてある(笑)。

子供が小さいうちは海外旅行なんて無理なんだろうなぁ。


足と靴の相談室 シューテクニック http://www.shoetechnqiue.com/
フランス子供靴の通販 フランチェスカ http://www.franchesca.jp/

先日新聞にこんな記事が載っていました。

虐待・離婚…親元で暮らせない「要保護児童」増加

家庭での虐待や親の離婚、死別などによって親元で暮らせない「要保護児童」(0~18歳)が昨年
3月末現在で3万5792人と、前年同期に比べて1091人増えたことが、厚生労働省の調べで
わかった。

要保護児童が増加している理由について、全国児童養護施設協議会(東京都千代田区)は
「家庭での暴力やネグレクト(養育放棄)など、歯止めの掛からない児童虐待に加え、
核家族化などの影響で家庭の養育機能が低下しているためでは」と指摘している。

この国の子供たちってどうなってんのぉ。だって少子化なんでしょう。
私の友人でなかなか子供が授からなかった人が以前に「虐待して殺すくらいならうちの玄関の前に
その子供捨ててくれ!わたしが大事に育てるから。」と言っていましたが
本当にそうしてはどうでしょう。

(ドイツには合法的に子供を置き去りにできる場所があるんです。
数年前に問題になっていたけど現在もあるのかしら。もちろん子供はすぐに保護されて
政府が養育してくれます。この制度が出来てからコインロッカーベイビーや親が子供を殺害する事件
は減ったらしい。)

外国のバカンス地でよく見る光景に裕福そうな白人夫婦(ベビーシッターも一緒だったりする)
が黒人やアジア人の子供と仲良く過ごしているというのがあります。
おそらく養子なのでしょう。

こういう光景に見慣れないわたしとしてはとても不思議な気持ちになるのですが
自分の遺伝子を持たない子孫を自覚して養育することができるのは人間だけ。
という言葉を思い出し、すごい人だなぁと尊敬します。

要保護児童が一日でも早く幸せな家庭に戻れますように。
広告1
広告2
広告3
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
franchesca
性別:
女性
自己紹介:
ドイツ国家資格整形靴職人の靴店で働く
双子のワークマム。最近は忙しくバテ気味。
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]