忍者ブログ
足にトラブルを持つ方のためのドイツ国家資格整形靴職人の店
[8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本日ドクターの紹介で10歳のお子様ご来店。
スポーツ用インソールご希望とのことでしたが職人が、足を拝見するとなんと履いている靴の幅が
小さすぎて小指を圧迫、角質ができていました。
角質ができているということはその部分の皮膚が圧迫、または擦れているということです。
この状態を長く続けると骨にも影響して内反小趾になる可能性もあります。
(小指が親指の方向に曲がっちゃうのです。)

スニーカー3足をお持ちでしたがすべてサイズが合っていませんでした。
(サイズが小さすぎるのでした。)まだ新品の靴もあってもったいな~い。
足に合っていない靴に機能性のあるインソールを入れたところで意味がないので
お持込の靴に合わせてインソールを作るのはお断りしました。

靴のサイズを選ぶ時は足の実寸(縦の長さ)プラス1.5センチは必要です。
そして靴の先端の形状がつま先の形に合っているかどうかが重要です。
お母様さまはお子さんの靴を選ぶ時には積極的に参加してください。
まためんどくさくても紐靴が無難です。ある程度幅の調整が出来ます。
(しっかり止まるならマジックベルトでも良いと思いますが、飾りみたいなやつはNGです。)

ドイツやスイスのスポーツシューズならばしっかりとした厚みのあるインソールを
入れることを計算されて作られているものもあるのですが、日本のスニーカーに
入っているインソールはペラペラです。そのペラペラの代わりにしっかりとした
機能的なインソールを入れるとちょっと靴がきつくなることもあるので要注意です。
ご心配な方はやはり専門店に相談すると良いでしょう。


フランスの子供靴通販フランチェスカ  http://www.franchesca.jp/
足と靴の相談室 シューテクニック   http://www.shoetechnique.com
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
広告1
広告2
広告3
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
franchesca
性別:
女性
自己紹介:
ドイツ国家資格整形靴職人の靴店で働く
双子のワークマム。最近は忙しくバテ気味。
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]